1月の旬のお魚は「ヒラメ」

 みなさま新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2022年度常洋水産株式会社の旬のお魚情報です。

1月の旬のお魚は「ヒラメ」です。


分類

ヒラメ科


旬の季節

10月~2月


産地

サンゴ礁域を除き、日本全国に生息する。北は千島、樺太、北海道から南は九州、南シナ海付近まで広く分布している。

特徴

〇魚体は平たくカレイに似ている。俗に「左ヒラメ」に「右カレイ」と言われるように両目が頭部の左側に片寄って付いているのが特徴である。どちらも孵化直後は目が体の両側にあるが、着底生活をするころになると多くのカレイは右、ヒラメは左側に移動する。

〇カレイより体は大きく、全長70cm~80㎝、重さは10kgにおよぶ。

〇沿岸の砂泥地を好み昼は身を潜め、夜になると活発に小魚や甲殻類、ゴカイなどを捕食する。

〇天然物は漁獲量が少なく、貴重な高級魚であるが、近年は養殖が盛んに行なわれるようになったため安値になってきている。

〇「寒ヒラメ」というように産卵期前、秋から冬が旬になる。


目利き

全体にぬめりがあり、黒い側の体色に透明感と光沢があるもの鮮度良い。白い側はクリーム色っぽく、血の色が混じっているくらいのものがよく、青みが出て変色しているものは鮮度が落ちている。春のヒラメは脂が抜けて味も落ちると言われている。


食べ方

新鮮なら刺身が1番おすすめ。このほか、寿司ネタ、昆布〆、蒸し物、ムニエル、グラタンンなどの洋風料理にしてもよい。


栄養

ヒラメは高たんぱく、低脂肪でヘルシーな魚です。縁側には粘膜や肌を潤すコラーゲンがたっぷり含まれ美肌効果が期待できます。このほか、イノシン、ブルタミン酸、グリシン、アラニン、タウリン、リジン等のアミノ酸が含まれており、コレステロール値の正常化や老化を防ぎ様々な生活習慣病を予防する効果があります。