6月の旬のお魚は「イサキ」

みなさまこんにちは。

常洋水産株式会社の旬のお魚情報です。

6月のお魚は「イサキ」です。


分類

スズキ目イサキ科


旬の季節

5月~7月


産地

暖海性の魚で本州中部以南から朝鮮半島、台湾、南シナ海の沿岸に分布する。


特徴

体型は細長い紡錘形、大きさにより模様が変化する。 幼魚は茶褐色の3本の縦縞が鮮明であるが、成長とともに不鮮明となり、若魚では白っぽい茶の縞、成魚では黄色地に茶褐色の不明瞭の縞、老成魚では全体に濃い茶色に変化する。

昼は水深50m程度の海藻の多い海底に潜んでいるが、夜になると海面近くの餌を活発に追いかける。

産卵期は6月~9月。卵は海中を漂いながら孵化し、稚魚は内湾の藻場などで群泳しプランクトンを捕食して成長する。2年で20㎝、4年で30㎝程度に成長する。市場に出回る大きさは30㎝程度が中心となる。


目利き

鮮度がよくても目が白くくもったように見える魚なので、張りがあり腹の締まった艶の良いものを選ぶとよい。


食べ方

大型のものの方が脂がのって美味しい。磯魚なのでやや磯の香りがするがそれがイサキ特有の旨さでもある。鮮度がよければ刺身がおすすめ。薄造りにして生姜しょうゆがさっぱりとしてよい。また磯の香りを楽しむには、塩焼きがよい。うろこやえら、わたを取り除き、身に斜め格子に飾り包丁を入れて焼く。骨が非常に硬いので食べるときには気を付けたい。


栄養

白身の魚ではあるが脂肪量が多めである。DHA・EPAなどを多く含み、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果が期待される。このほかビタミンA、D、Eも豊富に含み体の発育・成長、皮膚の粘膜の保護によいとされている。