8月の旬のお魚は「ハモ」

 みなさまこんにちは。

常洋水産株式会社の旬のお魚情報です。

8月の旬のお魚は「ハモ」です。


分類

ハモ科


旬の季節

6月~8月


産地

ハモの主な産地は長崎県、山口県、徳島県、愛媛県、和歌山県など西日本の温かい海水域が中心となっている。その中でも特に明石港や淡路島のハモは有名な産地である。

特徴

〇体長は平均60㎝~70㎝、大型ものでは2m以上にもなる。

〇砂泥や岩礁の混じる水深20~100m前後の海底付近に生息している。

〇ウナギと同様に細長い円筒形で体色は茶褐色、腹部は白く体表には鱗がない。

〇口は目の後ろまで裂け、顎には犬歯のような鋭い歯が立ち並ぶ。

〇食性は肉食魚で小魚や甲殻類、イカやタコ等を好んで捕食している。


目利き

大きくなると皮が硬くなってしまうので、食べごろは60~70㎝ぐらいがよい。鱧は鮮度が落ちにくい魚ではあるが丸みがあって、体表が光っているようなもの選ぶとよい。


食べ方

鱧は小骨が多いため「骨切り」という下ごしらえが必要であるが、最近はスーパーや鮮魚店で予め骨切りされたものが売られている。骨切りされた鱧を使い、天ぷら、蒲焼き、吸い物にするのがおすすめである。また小麦粉をまぶしてムニエルにしてもおいしい。


栄養

骨切りした鱧は小骨ごと食べるので、カルシウムを多く摂ることができる。更に皮に含まれているコンドロイチン硫酸がカルシウムの吸収を促進するはたらきがあることから、骨粗しょう症予防に効果を発揮する。