9月の旬のお魚は「さんま」

みなさまこんにちは。

常洋水産株式会社の旬のお魚情報です。

9月の旬のお魚は「さんま」です。


分類

サンマ科


旬の季節

9月~11月


産地

北太平洋、日本海


特徴

体長は30~40㎝、平たく細長い体形で背面は青く、腹面は銀白色をしているのが特徴です。

口と歯は、比較的小さく、下あごが突出しています。

9月になると産卵のため、本州太平洋岸を南下してきます。

サンマの名前の由来については以下の2つが有力とされています。

<由来1>サンマの「サ」は狭い、細いという意味があり古称の細長い魚を意味する「狭真魚(サマナ)」→「サマ」→「サンマ」と変化した説。

<由来2>サンマは外洋性の魚で数百から数千万匹の大群で泳ぐ習性があり「大きな群れ」という意味の「沢(サワ)」と魚を意味する「マ」が合わさり、「サワンマ」→「サンマ」と変化した説。


目利き

艶のある大型のものを選ぶとよいでしょう。口先や尾の付け根が黄色いものは脂がのっている証です。一方で目が赤いものは鮮度が落ちているので注意が必要です。


食べ方

最も一般的で美味しい調理法は、塩焼きです。旨みを少しでも逃がさないためにも全体に軽く塩を振り、強火の遠火で焼くのがコツです。レモンや酢橘の搾り汁をかけると生臭さが消えて味も引き立ちます。


栄養

貧血防止に効果のある鉄分、歯や骨に欠かせないカルシウムとその吸収を助けるビタミンDも多く含まれています。またDHAやEPAも豊富なので血液をサラサラにし、コレステロール低下にも効果的な食材なので女性や中高年の方、成長期の子供たちにもおススメです。