9月の旬のお魚は「真さば」

 みなさまこんにちは。

常洋水産株式会社の旬のお魚情報です。

9月の旬のお魚は「真さば」です。


分類

スズキ目サバ科


旬の季節

9月~11月


産地

全国各地の沿岸に分布。特に茨城県や長崎県の水揚げは多い。

特徴

〇日本近海では春から夏にかけて北上し、秋から冬にかけては南下する。秋ごろより脂が乗りはじめ特に脂の乗ったサバはトロ鯖と呼ばれる。

〇体長は50㎝ほどまでに成長し、体は細長い紡錘型。鱗は細かく、背部にくの字の黒い縞がはっきり見え、腹部は無地の銀白色になる。

〇肉食性で動物プランクトンや小魚、頭足類などを捕食している。

〇サバには真サバとゴマサバの2種類があるが、一般的にサバと言う場合には真サバを指す。

〇近年では各地でブランド化がすすめられ、大分県の関サバ、愛媛県の岬サバ、宮城県の金華サバなど地域ブランドが盛んになっている。


目利き

体色が鮮やかで、目が澄んでいるもの、えらが赤くきれいなものが新鮮。1kg以上なら脂の乗りもよい。


食べ方

サバは傷みが早く、刺身で食べることは避けた方がよい。酢で締めた締めサバを生姜しょうゆで食べると美味しい。このほか、みそ煮、塩焼き、揚げ物などにしてもよい。洋食メニューとしては香草を使ってオーブン焼きにしてもよい。


栄養

サバは不飽和脂肪酸の一種であるEPAやDHAを多く含み、魚の中ではトップクラスになります。DHAにはアルツハイマーや認知症を予防し、EPAは中性脂肪を減らし動脈硬化、高血圧、脳卒中の発症を抑える効果があります。このほか、ビタミンB12も多く含み、ヘモグロビンの生成を促進させ貧血の予防にも効果を発揮します。